デヂエ
 
ホーム 
 
ヘルプ  
(ルートフォルダ) > 教員総覧 > 福井工業高等専門学校教員総覧
福井工業高等専門学校教員総覧 メモを隠す
教員用 詳細データ入力・閲覧ライブラリ
ライブラリを一本化
フィールドレイアウト  
先頭へ | << 前へ | 次へ >> | 末尾へ  

学科・教室 物質工学科
フリガナ フルタニ マサヒロ
職名 准教授
氏名 古谷昌大
e-mail furutani@fukui-nct.ac.jp
専門分野 有機材料化学,高分子化学
研究課題 ・ジスルフィド結合が組み込まれた機能性ポリマー材料の開発
・解体性接着材料の開発
・万能型接着材料の開発
・廃プラスチックに関する調査研究
学位 博士(工学)
学位論文 アミノ酸側鎖と第11族金属の相互作用に依拠した機能性分子の開発(Development of Functional Molecules Based on Interaction of Amino Acid Side Chains with Group 11 Metals)
学協会等 高分子学会,日本化学会,日本接着学会,材料技術研究協会,アメリカ化学会,化学工学会
著書論文 2020年3月以前…査読付き学術論文:48報,査読無し学術論文:2報,解説・総説など:7報,著書:6報
2020年4月(着任)以降
1) Masahiro Furutani, Daiki Fujihira, Koji Arimitsu “Photoadhesive Materials Containing 2-Mercaptopyridyl Moieties”, J. Photopolym. Sci. Technol., 2020, 33, 261-267.
2) Masahiro Furutani, Daiki Fujihira, Koji Arimitsu “Effect of 2-mercaptonicotinamide side chains in a hydrophilic random copolymer on the shear strength of a photo-adhesive material”, Research Reports of National Institute of Technology, Fukui College, Natural Science and Engineering, 2021, 54, 23-26(福井高専紀要 自然科学・工学).
[書籍1]古谷昌大「第3章 異種材接着に向けた接着剤の設計,高機能化技術 第10節 ジスルフィド結合の可逆的な開裂を利用した熱解体性光接着剤の開発」、異種材料の接着・接合技術と応用事例(技術情報協会企画編集)、技術情報協会、2021、235-243.
[書籍2]古谷昌大「第6章 応用展開 第15節 異種材の光接着」、UV・EB硬化の最新開発動向(監修 有光晃二)、シーエムシー出版、2021、289-295.
3) Masahiro Furutani, Kako Maeno, Arata Tanaka “Synthesis of Amino Acid-derived Curing Reagents Containing a Disulfide Bond and Their Application to Anionic UV Curing Materials”, J. Photopolym. Sci. Technol., 2021, 34, 529-532.
4) 古谷昌大「福井高専による地域貢献・地域活性化―本校の一教員として共同研究に関わるには―」福井高専紀要 人文・社会科学、2022、55、1-11.
5) Masahiro Furutani, Kentaro Nakayama, Kazuki Okuma, Koji Arimitsu “Role of  dipyridyl disulfide cross-linking moieties in an acrylate photo-adhesive material”, J. Polym. Res. 2022, 29, Article No. 245 (6 pages).
6) 古谷昌大、武田輝良、東凜太郎、阿萬尚海、岩ア大空、進士静璃、前田透海、八木仁志、山中颯人、門屋飛央「洗濯のりで作るスーパーボールの跳躍力に関する研究」福井高専紀要 自然科学・工学、2022、56、1-8.
取得特許
科研費等外部資金 2018年4月-2020年3月(代表)「2-メルカプトピリジル基の化学的性質に依拠した接着に関する研究」平成30年度科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)若手研究18K14007
2021年4月-2026年3月(代表)「2位置換ピリジン類を基本骨格とする擬態分子構造を用いた新たな接着原理の構築」令和3年度科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)基盤研究(C) 21K04670
2021年4月-2024年3月(分担)「河川流域におけるプラスチック微細片の生成・流出機構の解明とモデル化」令和3年度科学研究費助成事業(学術研究費補助金)基盤研究(B) 21H01441(代表 愛媛大学 片岡智哉)
共同研究・受託研究 2020年10月-2021年3月 「接着能を発現する可変分子構造に関する基礎的研究」令和2年度 地域活性型共同研究助成
2021年4月-2024年3月(分担)「河川流域におけるプラスチック微細片の生成・流出機構の解明とモデル化」令和3年度科学研究費助成事業(学術研究費補助金)基盤研究(B) 21H01441(代表 愛媛大学 片岡智哉)
2021年10月-2021年3月 「ジスルフィド結合を含むUV硬化膜を用いた物質除去に関する研究」令和3年度 学際連携研究助成
学内活動 2020年4月-2021年3月 図書館運営委員,校友会誌編集委員
2021年4月-2022年3月 F2担任補佐,学生主事補,青武台だより編集委員
2022年4月-2023年3月 2C担任補佐,学生主事補,教職員厚生委員
クラブ活動指導 2021年4月-現在 剣道部
社会貢献活動 2020年10月 出前授業 スライム時計を作ろう(大野市立有終東小学校 5年生および保護者)
2021年1月  出前授業 液体窒素&人工イクラ&化学発光(福井市明新小学校 6年生)
2021年6月  出前授業 液体窒素&人工イクラ&化学発光(福井市明新小学校 6年生)
2022年3月  出前授業 化学発光&人工イクラ&液体窒素(森のほうかごがっこう 小中学生)
2022年6月  出前授業 液体窒素&人工イクラ&化学発光(福井市明新小学校 6年生)
2022年7月  出前授業 液体窒素&カラフルビーズ&化学発光(勝山市内の小学生および保護者)
受賞 1) 材料技術研究協会 材料技術研究協会討論会ポスター賞 奨励賞
 「光塩基発生基を有する塩基増殖性オリゴシロキサンの合成と光反応性材料への応用」(2003年12月,共同受賞)
2) 材料技術研究協会 材料技術研究協会 論文賞
 「アニオンUV硬化に向けた潜在性硬化剤の分子設計」(2017年4月,共同受賞)
摘要 https://researchmap.jp/Ffurutani

フィールドレイアウト  
先頭へ | << 前へ | 次へ >> | 末尾へ  

レコード一覧へ