デヂエ
 
ホーム 
 
ヘルプ  
(ルートフォルダ) > 教員総覧 > 福井工業高等専門学校教員総覧
福井工業高等専門学校教員総覧 メモを隠す
教員用 詳細データ入力・閲覧ライブラリ
ライブラリを一本化
フィールドレイアウト  
先頭へ | << 前へ | 次へ >> | 末尾へ  

学科・教室 機械工学科
フリガナ カトウ ヒロタカ
職名 教 授
氏名 加藤寛敬
e-mail hkato@fukui-nct.ac.jp
専門分野 金属材料、トライボロジー、機械工作法
研究課題 微細組織材料の摩擦摩耗特性
摩擦表層のトライボメタラジー
学位 1994年 (平6) Ph.D (Brunel University)
学位論文 Sliding wear of nitrided steels
学協会等 日本金属学会、日本機械学会、日本トライボロジー学会
著書論文 下記以外の(1984-2008)の論文(35編)、解説(6編)、研究紀要(1編)は省略
・H. Kato, A. Takimi and M. Umemoto, Tribofilms produced by supplying fine metal particles on rubbing surfaces in vacuum, Proc. WTC W, p.466 (2009).
・H. Kato, Production and wear behavior of tribofilms by supplying oxide nanoparticles on rubbing steel surfaces, J. Solid Mech. Mater. Eng., Vol.3, pp.613-623 (2009).
・加藤寛敬、常光幸美、笹瀬雅人、推谷信昭、金属同士の摩擦により生成した移着膜の特徴とその摩耗特性、トライボロジスト、第55巻、第3号、pp.200-207 (2010).
・H. Kato, M. Sasase, N. Suiya, Friction-induced ultra-fine and nanocrystalline structures on metal surfaces in dry sliding, Tribology International, vol. 43, pp.925–928 (2010).
・H. Kato, A. Takimi, M. Umemoto, Tribofilms produced by supply of fine metal particles in vacuum, Tribology Online, Vol.6, No.1, pp.50-54 (2011).
・加藤寛敬、摩擦面への粉末粒子供給によるトライボフィルムの生成、トライボロジスト、第56巻、第10号、pp.597-602 (2011).
・H. Kato, Y. Todaka, M. Umemoto, K. Morisako, M. Hashimoto, M. Haga, Dry Sliding Wear Properties of Sub-Microcrystalline Ultra-Low Carbon Steel Produced by High-Pressure Torsion Straining, Materials Transactions, Vol.53, No.1 pp.128-132 (2012).
・K. Edalati, M. Ashida, Z. Horita, T. Matsui and H. Kato, Wear resistance and tribological features of pure aluminum and Al–Al2O3 composites consolidated by high-pressure torsion, Wear, Vol.310, pp.83-89 (2014).
・H. Kato, Y. Todaka, M. Umemoto, M. Haga, E. Sentoku, Sliding wear behavior of sub-microcrystalline pure iron produced by high-pressure torsion straining, Wear, Vol.336-337, pp.58-68 (2015).
・加藤寛敬、摩擦を利用した高機能表層のトライボメタラジーとその応用、機械の研究、第68巻、第6号、pp.477-484 (2016).
・千徳英介、加藤寛敬、他6名、機械工作実習における総合実習の導入、福井工業高等専門学校研究紀要、第50号、pp.9-13 (2016).
・H. Kato and Y. Todaka, Microstructure and wear properties of high-pressure torsion processed iron, Materials Science Forum, Vol. 890, pp 371-374 (2017).
・H.Kato, K.Yamashita, E.Sentoku and Y. Todaka, Microstructure and Tribological Properties of Sub-Microcrystalline Carbon Steel Produced by Severe Plastic Deformation, Applied Mechanics and Materials, Vol. 876, pp 3-8 (2018).
・H.Kato and K.Yasunaga, Ultra-Fine and Nano-Crystalline Structure Induced by Sliding Friction of Carbon Steel, Defect and Diffusion Forum, Vol. 382, pp 63-67 (2018).
・H.Kato, H.Ueki, K.Yamamoto and K.Yasunaga, Wear Resistance Improvement by Nanostructured Surface Layer Produced by Burnishing, Materials Science Forum, Vol. 917, pp 231-235 (2018).
取得特許 下記以外の特許(5件)は省略
高山武盛、堀裕一、加藤寛敬、焼結接合方法およびその方法を用いる焼結複合部材、特開平8-291306(1996)
科研費等外部資金 平成25〜27年度 科学研究費(基盤研究(C))「超強加工により作製したサブミクロン微細結晶粒材料の摩擦摩耗特性の解明」
平成28〜30年度 科学研究費(基盤研究(C))「超強加工と摩擦加工によるバルクナノメタル高機能表層とそのトライボロジー特性」
令和元年〜3年度 科学研究費(基盤研究(C))「表面超強加工による高機能ナノ組織表層の創出とトライボロジー特性の向上」
共同研究・受託研究 平成26-27年度 財団法人若狭湾エネルギー研究センター「摩擦を利用したナノ結晶微細構造表面膜の創製と評価
平成28-30年度 財団法人若狭湾エネルギー研究センター「超強加工による微細結晶粒金属材料の創製と評価」
平成28-30年度 豊橋技術科学大学 「バルクナノメタルにおけるトライボロジー特性」
学内活動 平成27年度 機械工学科4年学級担任、50周年記念事業記念誌専門部会員
平成28年度 機械工学科5年学級担任、他
平成29年度 寮務主事補、他
平成30年度 キャリア支援室長、専攻科委員、他
令和元年度 キャリア支援室長、専攻科生産システム工学専攻主任、他
クラブ活動指導
社会貢献活動 平成27年度 日本機械学会北陸信越支部商議員、福井高専公開講座、出前授業
平成28年度 日本機械学会北陸信越支部商議員、トライボロジー会議2016秋実行委員会委員
平成29年度 日本学術振興会科学研究費委員会専門委員
受賞
摘要

フィールドレイアウト  
先頭へ | << 前へ | 次へ >> | 末尾へ  

レコード一覧へ