デヂエ
 
ホーム 
 
ヘルプ  
(ルートフォルダ) > 教員総覧 > 福井工業高等専門学校教員総覧
福井工業高等専門学校教員総覧 メモを隠す
教員用 詳細データ入力・閲覧ライブラリ
ライブラリを一本化
フィールドレイアウト  
先頭へ | << 前へ | 次へ >> | 末尾へ  

学科・教室 物質工学科
フリガナ ササ カズヒロ
職名 准教授
氏名 佐々和洋
e-mail sasa@fukui-nct.ac.jp
専門分野 計算化学
研究課題 コンピュータシミュレーションによる生体高分子の機能解析
学位 2007年(平19)9月 博士(工学) (兵庫県立大)
学位論文 分子動力学シミュレーションの実行支援環境の開発および生体高分子の機能解析への適用に関する研究
学協会等 日本化学会 日本コンピュータ化学会
著書論文 <著書>
Excel/VBA プログラミング入門,吉村 忠与志、佐々 和洋、吉村 三智瀬,CQ出版社 (2012)

Amberによる生体高分子シミュレーション入門,Amber研究会,サイエンスハウス(2011)

Excelで数値計算の解法がわかる本,吉村忠與志、吉村三智瀬、佐々和洋、青山義弘,秀和システム(2009)

<論文>
シミュレーション教育の実践と教育成果,吉村 忠与志、佐々 和洋、青山 義弘,J. Technology and Education, Vol.20, No.1, pp.31-38, (2013)

ミジンコ遊泳阻害リアルタイムモニタリングシステムの構築,谷口 渓,佐々和洋,高山 勝己,福井工業高等専門学校研究紀要. 自然科学・工学 (46), 1-8, (2012)

ホタル由来ルシフェラーゼによるケトプロフェンの不斉判別に関する計算化学的解析, 佐々和洋、加藤太一郎、宇野健、林治尚、中野英彦, J. Comput. Chem. Jpn., Vol.7, No.4, pp.143–150 (2008)

分子動力学法でみる生体高分子の安定性とダイナミクス, 渡邉博文, 田中成典, 佐々和洋, 林治尚, 未来材料, Vol.8, No.9, pp40-45 (2008)

Pyrene-Zipper Array Assembled via RNA Duplex Formation, Mitsunobu Nakamura, Yohei Murakami, Kazuhiro Sasa, Haruhisa Hayashi, and Kazushige Yamana, J. AM. Chem. SOC., 130, 6904-6905 (2008)

分子動力学法によるピレン修飾核酸の塩基配列認識プローブ設計のための基礎的研究, 佐々和洋、宇野 健、林 治尚、中野英彦, J. Comput. Chem. Jpn., 6, pp.227–234 (2007)

Nylon-oligomer degrading enzyme/substrate complex:catalytic mechanism of 6-aminohexanoate -dimer hydrolase, Seiji Negoro, Taku Ohki, Naoki Shibata, Kazuhiro Sasa, Haruhisa Hayashi, Hidehiko Nakano, Kengo Yasuhira, Dai-ichiro Kato, Masahiro Takeo, and Yoshiki Higuchi, Journal of Molecular Biology, 370, 1, pp142-156 (2007)

Pyrene Aromatic Arrays on RNA Duplexes as Helical Templates, Mitsunobu Nakamura, Yukinori Shimomura, Yukinori Ohtoshi, Kazuhiro Sasa, Haruhisa Hayashi, Hidehiko Nakano and Kazushige Yamana, Org. Biomol. Chem., 5, pp1945-1951 (2007)

Modrast-P with GTK+の開発, 佐々和洋、村田一紀、宇野 健、林 治尚、中野英彦, J.Comput.Chem.Jpn., 4, pp119-126 (2005)

Pyrene is highly emissive when attached to the RNA duplex but not to the DNA duplex:the structural basis of this difference, Mitsunobu Nakamura, Yudai Fukunaga, Kazuhiro Sasa, Yukinori Ohtoshi, Kenji Kanaori, Haruhisa Hayashi, Hidehiko Nakano, and Kazushige Yamana, Nucleic Acids Research, 33, pp5887–5895 (2005)

AMBERの残基データベースへの新規残基追加支援システム開発, 佐々和洋、宇野 健、林 治尚、山名一成、中野英彦, J.Comput.Chem.Jpn., 2, pp135-142 (2003)
取得特許
科研費等外部資金 平成21〜23年度 高専連携教育研究プロジェクト
共同研究・受託研究
学内活動 平成22年度 学生主事補, 支線管理者(C棟), 施設整備, 環境専門部会, 補導, ネットワーク
平成23年度 支線管理者(C棟), 施設整備,環境専門部会,教育システム,学寮運営,ネットワーク
平成25年度 3C担任,情報・通信部門長(C科),情報センター員,支線管理者(C棟),セキュリティ推進,
      外国人留学生,補導,進路指導,情報センター運営,ネットワーク
平成26年度 4C担任,学年主任,情報・通信部門長(C科),情報センター員,支線管理者(C棟),セキュリティ推進,
      外国人留学生,補導,学寮運営,キャリア支援,情報センター運営,ネットワーク
平成27年度 5C担任,情報センター員,支線管理者(C棟),セキュリティ推進,外国人留学生,補導,
      情報センター運営,ネットワーク
クラブ活動指導 平成20年度〜 サッカー部
社会貢献活動 2013年(平24)〜 電気化学会 技術・教育研究懇談会 論文誌編集委員会
受賞 2006年(平18)6月 日本コンピュータ化学会2006年度論文賞
摘要

フィールドレイアウト  
先頭へ | << 前へ | 次へ >> | 末尾へ  

レコード一覧へ