デヂエ
 
ホーム 
 
ヘルプ  
(ルートフォルダ) > 教員総覧 > 福井工業高等専門学校教員総覧
福井工業高等専門学校教員総覧 メモを隠す
教員用 詳細データ入力・閲覧ライブラリ
ライブラリを一本化
フィールドレイアウト  
先頭へ | << 前へ | 次へ >> | 末尾へ  

学科・教室 一般科目教室(自然科学系)
フリガナ ヤマモト ヒロユキ
職名 教 授
氏名 山本裕之
e-mail hiroyuki@fukui-nct.ac.jp
専門分野 セルロース科学
研究課題 各種天然セルロースのナノファイバー化に関する研究
ナノファイバーセルロースを用いた高機能性無機複合材料の開発
学位 2002年(平14)  博士(工学) (京都大学) 
学位論文 Studies on Structure of Native Cellulose by High-Resolution Solid-State 13C NMR Spectroscopy
学協会等 セルロース学会、繊維学会
著書論文 ・山本裕之、瀬戸川城将、天然セルロースの高温熱処理ー反応試験管の材質による分解・溶解現象についてー、福井高専研究紀要、2011、45号、p45−48
・バクテリアセルロースを用いた疎水性セルロース膜および高機能性無機複合材料の開発、平成16年度〜平成18年度科学研究費補助金基盤研究(C)研究成果報告書,2007.
・いろいろな天然色素を用いた色素増感太陽電池の作製と学生実験や出前授業への導入、福井高専研究紀要、40号、p63-66、2006.
・Structural studies of bacterial cellulose though the solid-phase nitration and acetylation by CP/MAS 13C NMR Spectroscopy, Cellulose, 13, p327-342, 2006.
・バクテリアセルロースを用いた天然セルロースの溶解挙動に関する研究,平成13年度〜平成15年度科学研究費補助金基盤研究(C)(1)研究成果報告書,2004.
・Solid-state 13C and 1H spin diffusion NMR analyses of the microfibril structure for bacterial cellulose, Solid State Nucl. Magn. Reson., 23,pp198-212, 2003.
・Microfibril Structure for Bacterial Cellulose as Studied though Solid-Phase Nitration and Acetylation, Preprints of the 225th American Chemical Society National Meeting, 2003.
・Studies on Structure of Native Cellulose by High-Resolution Solid-State 13C NMR Spectroscopy, Ph. D. Dissertation, Kyoto Univ., Japan, 2002.
・バクテリアセルロースの固相反応とミクロフィブリル構造,セルロース学会第9回年次大会講演要旨集,p13-14, 2002.
・Microfibril Structure for Bacterial Cellulose as Revealed though Solid-Phase Nitration and Acetylation, Preprints of 1st International Cellulose Conference, p111, 2002.
・山本裕之,平井諒子,堀井文敬,バクテリアセルロースの不均一系ニトロ化およびアセチル化過程のCP/MAS 13C NMR 研究、セルロース学会第7回年次大会講演要旨集、2000、p50-51.
・A. Hirai, M. Tsuji, H. Yamamoto, F. Horii,  In Situ Crystallization of Bacterial Cellulose.III. Influences of Different Polymeric Additives on the Formation of Microfibrils as Revealed by Transmission Electron Microscopy, Cellulose, 1998,5, p201-213.
・F. Horii, H. Yamamoto, A. Hirai, Microstructural Analysis of Microfibrils of Bacterial Cellulose, Macromol. Symp., 1997, 120, p197-205.
・A. Shimno, H. Yamamoto, M. Koizumi, N. Kamegashira, Phase Transition of Nonstoichimetric LaMaO3+X : Magnetic and Electrical Properties, International Symposium on Designing, Processing and Engineering Materials,1997, p511-516.
・H. Yamamoto, F. Horii, A. Hirai,  In Situ Crystallization of Bacterial Cellulose. II. Influences of Different Polymeric Additives on the Formation of Celluloses Iα and Iβ at the Early Stage of Incubation, Cellulose, 1996, 3, p229-242.
取得特許
科研費等外部資金
共同研究・受託研究
学内活動 平成19年度  学生相談室長,研究改善委員,有害廃棄物等処理委員,遺伝子組換え実験安全委員
平成20年度 2年機械工学科担任、補導委員、有害廃棄物等処理委員,遺伝子組換え実験安全委員
平成21年度 専攻科委員、1年F3クラス担任(3年機械工学科副担任)、補導委員、施設整備委員、
遺伝子組換え実験安全委員、教育研究支援センター運営委員
平成22年度 一般科目教室自然科学系主任、学校運営委員、教務・入試委員、教育研究支援センター運営委員、図書館運営委員、施設整備委員、遺伝子組換え実験安全委員
平成23年度 一般科目教室自然科学系主任、学校運営委員、教務・入試委員、教育研究支援センター運営委員、施設整備委員、遺伝子組換え実験安全委員
平成24年度 研究紀要委員長、一般科目教室自然科学系主任補佐、学級担任(F3)、教育研究支援センター運営委員
クラブ活動指導 平成 2 年度〜平成24年度  女子バレーボール部 
社会貢献活動 北陸地区繊維学会評議委員
受賞
摘要

フィールドレイアウト  
先頭へ | << 前へ | 次へ >> | 末尾へ  

レコード一覧へ